日別: 2018年1月9日

B型肝炎の給付金請求

注射器B型肝炎というウイルスがあります。こちらは最近大きく話題となりました。過去に日本では注射器を使いまわしたことによって、集団予防接種により多くの方がC型肝炎に感染したのです。その結果として重度の症状が出てしまい死亡している方もいます。また、今でも薬物療法を続けている方もいるのです。そのような被害者が集団訴訟をした結果として、国は特別措置法を制定して、被害者や遺族の方達に対して給付金を支給することになりました。

給付金を請求するためには要件を満たしている必要があります。また、期限が定められています。そのため、多くの方が手続きを進めて給付金を受け取ろうとしています。給付金の額は数百万円から3千万円を超えるようなケースまであります。大きな被害を受けている方ほど多くの給付金を受け取れるようになっているのです。残念ながらすでに死亡してしまった方については、その相続人が給付金を受け取ることができるのです。

ただし、この給付金を受け取るためには複雑な手続きが必要となります。さまざまな書類を用意しなければならず、簡単にお金をもらえるわけではないのです。そのため弁護士に依頼するケースが多いです。弁護士に頼むことによって、すべての手続きを任せることができるでしょう。書類収集も手伝ってくれます。こちらではこれから弁護士に依頼する際に覚えておくべきことについて紹介しましょう。弁護士を依頼することに困っている方はぜひとも参考にしてください。